エピテ指ちゃんとヨガデビュー♪

エピテーゼ、社会デビューはヨガ

両足指のエピテーゼと出会って、最初にやってみたこと。

それは「ヨガ」に行ってみたことです。

老若男女問わず気軽に始められるのが魅力のヨガ。

短指症のわたしにとっては、裸足なるというハードルにより封印していました。

そんなわたしがエピテーゼと出会って、めでたくヨガデビューしました!

準備はオッケー

ヨガに行く前の準備。

エピテ―ゼお指ちゃんと隣りの指たちが仲良くできるようにと、家のなかで装着。

ご近所指さんたちに「よろしくね」と挨拶しながら慣らしていきました。

すっかり裸足はまだ慣れないせいか恥ずかしく、ヨガソックスを購入してみました。

「うん、これなら安心。」と準備が整いました。

前日の夜は、遠足の前の日の子どものように、わくわく、そわそわ。

いよいよヨガにチャレンジ

ヨガレッスンが始まります。

最初は、足が気になって、意識が足に集中してしまいました。

次第に、ヨガのポーズをとるのに必死で、そんな余裕はなくなって(笑)。

問題は、わたしの足指より、身体の硬さ!

長年のノー運動生活の結果です。

「サンベリーナさん、思ったより身体硬いわね。少しずつよ。」

と、先生に励ましていただき

次回レッスンのお約束をしました。

ヨガにチャレンジして

やろうと思えば、何でもできる。

やらないのは、やらないだけ。

できないと思っていることも、ちょっとのことでできるのかも。

そんなことを思うはじめの一歩となりました。

こんにちは。自由と平和を愛する水瓶座の『サンベリーナ』です。
北海道在住のアラフィフ主婦で、夫、小学生の娘、息子、犬と賑やかに暮らしています。

手・足の親指、両足の第4指の短指症。
エピテに出会い、新しい扉を開けました。
個性豊かな指を持つわたしが経験したこと、感じたこと。
あれこれを発信していきたいと思います♪

得意なこと:西洋占星占星術/お絵描き/アドラー心理学

関連記事