【都道府県別】乳がん死亡率。最下位は高知県で、最も高い県はどこ?

こんにちは。
エピテーゼ専用サロンオーナー「エピテみやび」みやびです。

さて、今回は乳がんのお話です。
現在11人に1人がなると言われている乳がん。いまや国民病となってしまいました。

早期発見で助かる確率が高い病気ですが、残念なことに死亡される方も少なくありません。そこで都道府県別に乳がんの死亡率をまとめた情報が発表されましたのでご紹介します。

都道府県別乳がん死亡率

地域によってちがう乳がんの死亡率

ガン自体は2人に1人がなると言われ、日本人の死因第一位です。

厚生労働省「人口動態統計月報年計(概数)の概況」(令和元年2019)によると、2019年に亡くなった138万1098人のうち、がんで亡くなったのは37万6392人と、全死亡者数の27.3%。また国立がん研究センターによると、生涯でがんに罹患する確率は、男性65.5%、女性50.2%です。



がんの死亡率を並べると、
「肺がん」>「大腸がん」>「胃がん」>「すい臓がん」と続き「乳がん」は5位にランクインします。

ちょっと世界に目を向けると、乳がんはトップ1位です。


女性が乳がんにより死亡する年齢は「40~44歳」「60~69歳」となり、2つの波を描きます。これは閉経にも大きく関わり合いがあります。


地域別にみると秋田県がもっとも高い

地域別に見ていくと、乳がんの死亡率が最も低いのが「鳥取県」で人口10万人あたり17.06。一方で最も高いのが「秋田県」で29.23です。

しかし、都道府県別に分類してしまうと年齢構成に差が出てしまいます。
これは、高齢者が多い都道府県では死亡率が高くなり、若者が多いところでは死亡率が低くなる傾向があるためです。

そこで年齢構成を調整して死亡率を見ていくと、もっとも乳がん死亡率が低かったのは。。。。。。


「高知県」でした!



高知県>福井県>香川県>和歌山県>島根県と続きます。

では、もっとも高かったのはどこの県でしょうか?

乳がんによる死亡率が高かったのが「秋田県」でした。
次いで、青森県>北海道>長崎県>新潟県となります。


なぜか寒い地方に偏っている気がするのは、私だけなのでしょうか?



世界をみると過去最高

乳がんは日本だけの問題ではありません。2020年の海外の最新データーでは、これまで1位だった肺がんを超え、乳がん人数が過去最高となってしまいました。それについてはこちらの記事で詳しくお話してますので、ご覧ください。



早期発見が大切

乳がんは早期発見で、生存率がとても高くなります。
早めに発見するのは定期的なチェックと、クリニックでの検診しかありません。

毎月の生理が終わったころにセルフチェックを行いましょう。やり方についてはこちらに詳しく掲載されています。




乳がん検診率が低いのはどの地域?

新型コロナウイルスのため、外出制限がかかっているのもあり、乳がん検診率が下がりつつあります。

では都道府県別にみた、乳がん検診率はどうでしょうか?



もっとも高かったのが「宮崎県」です。次いで山梨県>山形県>千葉県>沖縄県と続きます。

逆に低いのは、山口県>長崎県>北海道>和歌山県となりました。




もしもの時に備えて

乳がんが発生する要因は、たばこ・飲酒・未出産・肥満などが挙げられますが、当サロンにお越しになるお客様をみていても、一丸にそうとも言えないような気がします。

そこで、万が一乳がんでお胸をなくされても覚えておいて欲しいのが「エピテーゼ」の存在です。

エピテーゼはオーダーメイドでお創りする人工ボディで、TPOに合わせ脱着ができます。加えて、着けたまま温泉にも入る事ができる優れものです。

再発の恐れがある場合や、アレルギー体質で再建手術ができない方は、身体に負担が少ないエピテーゼがオススメ。

ご相談はお気軽にご連絡くだいませ。
なお、メールアドレスを間違って記入される方が多く、連絡ができなくなっておりますので、ご注意ください。





スキルに興味をもったらこちら

始めまして。田村雅美です。みやびって呼んでね。
元歯科技工士で群馬県出身のO型。九紫火星で数秘ナンバーは8。好きなものは、もふもふの動物と日本酒。おうち大好きひきこもり。

友人の乳がんをきっかけに脱サラし、元歯科技工士のスキルを活かして起業。現在は「エピテーゼ専用サロン」と「スクール」を運営。

エピテーゼとは、事故や病気で身体の一部をなくされた方に「見た目」と「心」を回復するリアルな人工ボディで、コンプレックスをおしゃれに解消するものです。

これまでに日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞、雑誌などに取材掲載。
NHKテレビ「おはよう日本」やテレビ東京「チェンジザワールド」など多数掲載。

関連記事