【短指症のお悩み相談】手の親指が短指症。日本で治療できる?[解説付き】

こんにちは。

エピテーゼ専門サロン「エピテみやび」のオーナー田村雅美です。

今回のご相談はこちらです。

手の親指が短指症です。
治したいけど日本でも治療できる?

では早速お悩みをお聞きしていきましょう。

まず「治療」と言っても、

①自分の骨を伸ばしていく「手術」なのか。

②見た目だけ「整えたい」のかによって選択肢は変わってきます。

短指症は日本でも治療できる?

答えはどちらもYESです。

手術でも、見た目を整えるのでも、日本で安心して治療が可能です。

ここでは2つの選択肢をそれぞれ詳しくご紹介しますね。

短指症の手術という選択肢

短指症は指が短いので、「骨」を伸ばす手術が日本でも可能かというと、

答えは「イエス」です。

日本でも腕のいい先生がいらっしゃるので、安心して治療してください。

ではどこで相談できるのか詳しくみていきましょう。

相談する場所は?

手術なので病院です。

形成外科」に行って相談しましょう。

ではどこに相談したらいいかというと、

・東京医科歯科大学

・片山整形外科記念病院

・京都医療センター

・日本医科大学整形外科

・佐野厚生総合病院

などが挙げられます。

では、次に手術以外の選択肢についてお伝えします。

短指症の手術以外の選択肢

ネイルで整える

爪を伸ばして形を整えるだけでも印象が違って見えます。

こちらはネイルサロンで施術できます。

エピテーゼで整える

エピテーゼとはオーダーメイドの人工ボディです。

つけ外しができるので、外出するときにサッと着けることができます。

オーダーメイドならではの自然さで、ぱっとみただけでは区別できないほど精巧にできてます。

まとめ

「手の親指が短指症です。
治したいけど日本でも治療できる?」

の答えはイエスです。

コンプレックスって自分だけに秘めてしまうので、情報がなくて不安ですよね。


 

関連記事

今月のイベント

スポンサーPR