【短指症の悩み】結婚式の前撮り。ネイルをしたいけど短指症でもできる?【解決策あり】

こんにちは。
短指症・マムシ指の方限定、エピテーゼ専門サロン「エピテみやび」のオーナー田村雅美です。

指先にコンプレックスがあると、新しいことを始めるとき、どうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。

悩んだ時に少しでもお役にたてると嬉しいです。

ではさっそくお悩みを聞いてみましょう。

お悩み相談

結婚式の前撮り。ネイルをしたいけど短指症でもできる?

私は26歳の女性です。

結婚が決まりました。

結婚式の前撮りで、白無垢と色打掛を着ます。

一生に一度きりの結婚式なので、ネイルもバッチリして撮影に挑みたいです。

でも、両手の親指が短指症です。

仕事柄、爪を伸ばせません。
何かいい方法はありますか?

また、勇気を出してネイルサロンに行こうと考えてますが、短指症の人が行ったら変に思われますか?

ささくれもたくさんあり、困ってます。

解決策

まず、ご結婚おめでとうございます。

記念に残るイベントは、美しくしたいですよね。

では、さっそくアドバイスをさせていただきます。

爪が伸ばせないときの解決策

お仕事柄、爪が伸ばせないのですね。

でも安心してください。大丈夫です。

お爪が短くても一時的に伸ばす方法があります。

では、爪を伸ばして美しく見せる方法をお伝えしますね。

アクリルで爪を伸ばす

ネイルサロンに行くと“アクリル”といわれる樹脂を使い、自分の爪を人工的に伸ばすことができます。

長さも形も思い通りになります。

しかし、一度アクリルを爪に着けてしまうと、自分で取り外すことができません。

ネイルチップで爪を伸ばす

お仕事がら、自分の爪が伸ばせない方には「ネイルチップ」がおススメです。

つけ外しができるので、1日だけ楽しむことができます。

ネイルチップは、人工の爪の上にカラーやイラストなどを楽しむことができます。

こちらのネイルサロンでは、オーダーメイドチップが創れますので、ご相談なさってみてはいかがでしょうか?

爪と心のケアサロンPlumeria Nail

短指症は変に思われる?

短指症だけど、ネイルサロンに行ったら変に思われる?というお悩みについてです。

まずネイルサロンで働かれている方たちはプロフェッショナルです。

爪の先を美しくするのか、彼女たちのお仕事です。

ですので、ご自身が気になさっている短指症でも、変に思われることはありません。

サロンでは、ささくれなどのケアもできます。

撮影前にお日にちがあれば、整えて美しくすることができるでしょう。

相性のいいネイリストさんに出会えるといいですね。

しかし、やっぱり気になるって時は、短指症限定サロンにご相談してはいかがでしょうか?

【おまけ】短指症限定サロン

短指症限定サロンとは、短指症以外の人は来られない完全予約制のプライベートサロンです。

このサロンは元々エピテーゼを専門としているサロンなんです。

エピテーゼとは、オーダーメイドでつくる人工の指のことで、自然な仕上がり。

つけ外しができ、ネイルもできる優れもの。

爪だけでなく『指を伸ばしたい』とご希望される方はエピテーゼという選択肢もあります。

エピテーゼの他に、ネイルやハンドケア、フットケアメニューも充実してますので、お悩みでしたら一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

自分の経験を活かしたい!手に職をつけたいと思ったら

エピテーゼ製作を習って社会の役に立ちたいと思われた方、
自分の経験を活かして副業や起業をしてみたいと思われた方、
誰かの役に立つ仕事をしてみたい方、
エピテスクールにご相談ください。

在校生の多くは短指症の方やお指を切断された方、乳がんでお胸を失くされた方たちで、ご自身のご病気やコンプレックスの経験を活かしたいと思い、学んでいます。

公式LINEでお友達追加してくださると、資料請求やお問い合わせができます。

定期的にお茶会やセミナー、1Dayエピテニスト体験教室など開催してますので、ぜひ遊びにいらしてください。

関連記事