【短指症の悩み】左手の小指が短いけどギターは弾ける?

こんにちは。

短指症・まむし指専門サロン「エピテみやび」のオーナー田村雅美です。

当サロンには、指先のお悩みを抱えた方がご相談にいらっしゃります。

今回はその中の一つのお悩みをご紹介しますね。

今回のお悩み

左手の小指が短いけどギターは弾ける?

ご相談者様はご自分の左手の小指が短く(短指症)、これから習ってみたいことを躊躇されていました。

では詳しくお話を聞いてまいりましょう。

ご相談内容

私は生まれつき、左手の小指が短くバランスが悪いです。

小指の長さは、薬指の第二関節をちょっと出るくらいです。

現在はウクレレを弾き始めていますが、ウクレレでも小指が届かないところがあります。

こんな指でもギターは弾けるのでしょうか?
また、指の長さを出せる道具などがあったら知りたいです。

新しいことを始めたいのに、自分の指がコンプレックスでなかなか前に進めないは辛いですよね。

では解決策を紹介していきますね、

小指が短くてもギターは弾けるのか?

答えはイエス!

当サロンでは、お指を切断されてしまった方もお客様でご来店するのですが、その方もウクレレやギターを弾いて音楽活動をされています。

弾き方を独自にアレンジしているそうですが、ご相談者様も研究して練習すれば、きっと弾けるようになるはずです。

ではここでひとつ、ご相談者さまのご参考になればと思いますので、世界的に有名なギタリストさんのお話をさせていただきます。


指を切断したプロギタリスト

イギリスのギタリスト「トミー・アイオミ」さんは、17歳の時に働いていた鉄板工場で指を切断する事故にあいました。

その後、ショックと絶望で大好きだったギターをあきらめていましたが、勤めていた工場監督から、ギターをプレゼントされました。

それをきっかけに、もう一度弾いてみたいと心がザワつきギター演奏を再開しました。

一度はあきらめた道

トミー・アイオミさんは、指を切断する事故の日に、働いていた工場を辞めるつもりで辞表を用意していました。

その理由は

『バンド仲間とのヨーロッパツアーがありプロになる予定だったから』

これから夢だったプロになり、世界中を駆け巡るって時に指を切断!

『もう人生終わりだって思った。信じられなかったよ。工場へは午前中に挨拶に行って、午後は変えるつもりだったんだ。でもそれを母親に伝えたら、“さいごまで仕事をしなさい”って言われたんだ。それで事故が起きたってわけさ。』

『当時は、母親を攻めまくったね』

指を切断する事故にあいながら、なんとか周りの人に支えられ諦めていた夢を叶えたプロギタリスト『トミー・アイオミ』さんの心強いストーリーは、ご相談者さまにどんな風に感じられましたか?

では、もう一ひとりご活躍している人をご紹介しますね。

火事で2本の指が動かせないギタリスト

薬指と小指に障害をもったギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト」さん。

彼は火災事故で半身に大やけどを負いました。

右足は麻痺し、左手の薬指と小指には障害が残りました。

彼を診察した医師は“ギターは2度と弾けないほどの怪我”と言いましたが、ジャンゴは練習によって独自の演奏方法を編み出し、ハンディキャップを乗り越えました。

独自の演奏方法とは、「1弦のクロマチックを人差し指だけで弾く」という信じられない演奏方法!

どんな演奏をするのか気になりますよね。

多くの人が弾く方法ではないので、独特の波長が生み出されています。

まとめ

『左手の小指が短いけどギターは弾ける?』というお悩み相談でした。

指先の障害があるけれど、プロギタリストして世界で活躍しているお二人『トミー・アイオミ』さんと『ジャンゴ・ラインハルト』さんをご紹介しました。

みんなと違うからこそ編み出せた弾き方です。
独特の演奏では、通常の人が出せないリズムがあります。

ご相談者さんも、ご自身のコンプレックを活かして活動されたらいかがでしょう。

どうしても指を長くしたい場合は「エピテーゼ」がおススメです。
お友達登録すると、メッセージのやりとりができます。

関連記事