【衝撃事実】豊臣秀吉は手に〇〇をもって生まれてきた!?

短指症、まむし指限定エピテーゼ専門サロン「エピテみやび」のオーナー田村雅美です。
私は「指」のスペシャリストでもあるため、今回はあの有名な「豊臣秀吉」の「手」にフォーカスして解説していきます。

豊臣秀吉の指は6本!?

通常、手足の指はそれぞれ5本ですが、豊臣秀吉の指は6本ありました。

指が6本ある手のことを「多指症」と言います。

1本多いのはなぜでしょうか。

詳しくみていきましょう。



■手の障害の種類(うまれつき)■

ここでは生まれつき「手の障害」について解説します。


手や足のカタチが多くの人とは違っていたり、数が多いまたは少ない事
をいいます。


大きく分けると、

  • 裂手症(拳が裂けたような形の手)
  • 欠損賞、形成不全(指が全くない・手がない)
  • 合指症(指同士がくっついている)
  • 多指症(指の本数が多い)
  • 短指症(指が短い)


    などが挙げられます。




■手の障害の原因■

原因は、お母さんのお腹の中にいる時(胎生4週~7週)に手が形作られます。
その時に、なんらかのアクシデントが起こり、

  • 発育がとまってしまった
  • 骨が湧かれなかった
  • 指の骨が多くできてしまった

    のが原因と考えられています。

■どれくらいの人数いるのか■

■多指症

人種でわけると、比較的黒人に多いです。
しかし、どの人種にも起こりやすく、日本人では「親指」におこりやすいです。
厚生労働省のデーターによると、年間1000人はいると推測できます。


またブラジルには家族14人がすべて「多指症」という例もあるそうです。

■その他の人数■

こまかな症状と人数のデーターがありませんでしたが、

  • 癒合指
  • みずがき指
  • 合指症
  • 欠損指

    これらは年間で各1000人がいる計算となっています。
    出典先:政府統計

■手の障害の解決方法■

■多指症

だいたい1歳頃に外科的手術をして、正常な形に整えます。


■合指症

1歳頃までに外科的手術をし、指を分けます。

■裂手症

1歳頃までに外科的手術をし、裂けている部分を閉じます。

■短指症

専用の器具をつかい骨を伸ばしていきます。

■容姿コンプレックス

豊臣秀吉は6本の指をもっていました。
上の講でお伝えした「多指症」だったんですね。

他にも容姿について、キリスト教を布教していた「ルイス・フロイス」というポルトガル人が記述している一説があります。

「優秀な武将で戦闘に熟練していたが、気品に欠けていた。身長が低く、醜悪な容貌の持ち主だった。片手には六本の指があった。眼がとび出ており、支那人のように鬚が少なかった。極度に淫蕩で、悪徳に汚れ、獣欲に耽溺していた。抜け目なき策略家であった。」

■まとめ■

豊臣秀吉は容姿のことを散々に言われていますが、みんなと違う個性を活かして天下をとりました。

コンプレックスをバネにして、前向きに努力してきたのでしょう。

でもやっぱりみんなと違う特徴をもっていると、心に負担がかかってしまいますよね。

短指症をどうにか治したい。隠したいと思われていたらエピテーゼ専門サロン「エピテみやび」にご相談ください。


    女性男性


    お指お胸その他


    相談取材その他

    関連記事