ブログ

しわしわの手を一晩で解消【超簡単100円以下でできるセルフケア】

こんにちは。
エピテみやびのみやびです。

寒くなると手の乾燥が気になる季節です。
手がシワシワだと老けて見えちゃうし、ささくれも気になりますよね。
しっかりケアして若々しい手を目指しちゃいましょう。

今回はズボラさんでも簡単にできる、100円以下でできる「ハンドケア」の方法をご紹介します。


まずは、なぜ冬になると手荒れがおこるのか説明します。

冬になるとなぜ手荒れが起こるの?

冬になると気温が下がり空気が乾燥します。
そうすることで洋服に守られていない手は、水分が蒸発します。
また手指が冷えることで、血液の循環や心身代謝が鈍くなり、角質が硬くなることも原因です。

ささくれができる原因

ささくれができる原因は主に3つあります。

1、手の乾燥

空気が乾燥することで、手の水分が持っていかれます。
その他、食器を洗ったり、掃除や洗濯、頻繁な手洗いにより乾燥が進み、ガサガサになります。

2、ネイル除光液

今やドラッグストアや100円ショップでも、色とりどりのマニュキアが置かれていますよね。
楽しくてつい色を変えたくなりますが、マニュキアを落とすときに使う「除光液」で乾燥が進み、ささくれや二枚爪になります。

3、栄養不足

忙しくて外食続きだったり、無理なダイエットをしていると栄養が偏ります。
爪は皮膚の一部なので、美しい爪を維持するためにはたんぱく質が必要です。

その他にも、ビタミンやミネラルも摂取しなくてはいけません。

ささくれの対処法

爪の先にできたささくれは、ひっぱったり歯で噛んではいけません

ささくれを引っ張ることで、皮膚が傷つき中に雑菌が入り込みやすくなります。

ひっかかりが気になるときは、爪切りや専用のハサミで切りましょう。
絶妙なカーブがついているので、狙ったささくれをギリギリから攻めて切れます。


ささくれを切ってすっきりしたところで、次はできないように予防していきましょう。

保湿パックする

さて、手や爪がガサガサする理由はズバリ「乾燥」なのがわかりましたね。
では、乾燥をなるべく防いであげればいいのです。

そこで必要なのが手のパックです。
寝る前にたっぷりと保湿してあげましょう。



用意するもの

・ビニール手袋
・安いハンドクリーム

準備するものはこれだけ。

保湿するために大切なのが、ハンドクリームをケチらずに塗る事です。

そこで、みやびのオススメはニベアの青缶です。たっぷり入って、このお値段。

もったりした固めのクリームなので、パックするには最適で、毎日たっぷり使っても100円以下という最高コスパです。



手順

1、お風呂につかり、よく温まります。

2、指の先や腕などをマッサージして、血行を良くします。

3、お風呂からあがったら、手が真っ白になるまでクリームを塗ります。

4、ビニール手袋をします。

5、そのまま就寝



まとめ

手が乾燥すると、シワシワするだけでなく、ささくれができる原因にもなります。無理に引っ張ると皮膚が傷つき、細菌が入り込みやすくなります。

しっかり保湿して、実年齢より若くみえる手を手に入れちゃいましょう。

でも保湿より、もっとも大切なのは心身代謝、栄養バランス、睡眠です。
手が乾燥してきたら、体からの合図かもしれませんよ。
ゆっくりと自分をいたわってあげてね。

関連記事

アーカイブ

PAGE TOP