【コロナ除菌で急増】しっかり保湿ハンドケアのコツ

夏になれば収まると予想されていた新型コロナウイルス。
なかなか収まることがありません。

どこのお店に行ってもアルコール消毒をし、こまめな手洗いが増えた分、手荒れに悩む人も増加しているのを知っていましたか?

さて、今回は手荒れや乾燥に悩むあなたに贈るハンドケアのコツをお伝えします。





手が荒れるのはなぜ?



その1.アルコールや石鹸などの刺激物

これまでと違い入念に手を洗う方が増え、石鹸や消毒剤、アルコールを頻繁に使うようになりました。

それにより保湿成分が奪われ、紙や洋服などによる摩擦で皮膚の表面を傷つけます。

これらの他に、シャンプーや洗濯洗剤、食器用洗剤などでも引き起こされます。

手荒れの原因の70%を占めると言われています。






その2.アレルギーによる皮膚炎

・接触皮膚炎

毛染めやゴム手袋、金属などでかぶれるアレルギーのことです。



・蕁麻疹

ラテックスや消毒薬、甲殻類などの食材でおこるアレルギーのことです。






スキンケア方法

1、手袋をして守る

台所洗剤などで手荒れをしやすい方は、ゴム手袋を使いましょう。

水仕事って思っているより手にダメージが大きいので、可愛いゴム手袋で防ぎましょう。


2.こまめな保湿

手洗いやアルコールで奪われた水分を補ってあげましょう。

かかせないのがハンドクリームです。

手洗い → アルコール → ハンドクリーム の順番でお肌の角質を守りましょう。

始めまして。田村雅美です。みやびって呼んでね。
元歯科技工士で群馬県出身のO型。九紫火星で数秘ナンバーは8。好きなものは、もふもふの動物と日本酒。おうち大好きひきこもり。

友人の乳がんをきっかけに脱サラし、元歯科技工士のスキルを活かして起業。現在は「エピテーゼ専用サロン」と「スクール」を運営。

エピテーゼとは、事故や病気で身体の一部をなくされた方に「見た目」と「心」を回復するリアルな人工ボディで、コンプレックスをおしゃれに解消するものです。

これまでに日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞、雑誌などに取材掲載。
NHKテレビ「おはよう日本」やテレビ東京「チェンジザワールド」など多数掲載。

関連記事