【美容室オーナーが語る】短指症で見るのも嫌だった足が「文明の利器」であっさり解決

こんにちは。

エピテみやびのみやびです。

このブログにたどり着いたということは、あなたは「短指症」について悩まれていますね?


みんなと違う外見って、気になりますよね。
しかも常に見えるところだったり、他人から指摘されたりすると、なおさら隠したくなってしまいますよね。

短指症でコンプレックスを抱えるあなたに、少しでもお役にたてばうれしいです。



今回の内容は40年以上、足の指が「短指症」で悩まれていた美容室サロンオーナーさんのお話です。

彼女は「文明の利器」により短指症を克服する方法に出会いました。

では、さっそく内容をご紹介いたします。




[word_balloon id=”unset” src=”https://epitemiyabi.jp/wp/wp-content/uploads/2020/09/981-1.jpg” size=”M” position=”L” radius=”true” name=”” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]

もしもし?
そちらの会社のTwitterをみて連絡しました。

[/word_balloon]

[word_balloon id=”unset” src=”https://epitemiyabi.jp/wp/wp-content/uploads/2020/09/IMG_7537.png” size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]

ご覧頂き、ありがとうございます。

どのようなお悩みですか?

[/word_balloon]

[word_balloon id=”unset” src=”https://epitemiyabi.jp/wp/wp-content/uploads/2020/09/981-1.jpg” size=”M” position=”L” radius=”true” name=”” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]

私、左右の足が「第4趾短縮症」で、長年悩んでいるんです。痛いのは嫌なんですが、解決できますか?

[/word_balloon]
[word_balloon id=”unset” src=”https://epitemiyabi.jp/wp/wp-content/uploads/2020/09/IMG_7537.png” size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]

お任せください!!

「エピテーゼ」というアイテムで見た目を整えていきます。

オーダーメイドなので、とっても自然ですし、足に被せるので痛くないんです。

では、さっそく足を見せていただきながら、解説しますね。

[/word_balloon]







自分で見るのも嫌なほどの嫌悪感




[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” radius=”true” name=”” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]

この指、お医者さんから「変だね」って言われたんです。
信じられなくないですか!?

それから自分で見るのも嫌になるほどでした。

[/word_balloon]
[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”R” name_position=”under_avatar” radius=”true” name=”みやび” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]

お医者様の言葉とは思えないですね。
とてもお辛い経験をされましたね。


エピテーゼで少しでも気分がまぎれると嬉しいです。
全力を尽くして、最高のエピテーゼをお創りしますね!

[/word_balloon]






みんなと違う指の長さだって気が付いたのは中学生ごろ

あれは、40年以上前の出来事でした。
学校の健康診断で、裸足になって身長やら体重を測定していた時です。

整列をして、順番待ちをしていた時に同級生の足をふと見ていたんです。

そしたら、あれ?自分の足の薬指は短いな・・・・

そう思ったのが一番初めです。





それから、何となく気になりだして病院で相談してみました。






それは嫌。唯一の選択肢は手術

3件ほど整形外科がある病院を回りました。

どの先生も「短指症」を治すのには手術をして骨を伸ばす方法しかないと言いました。
手術っていう選択肢は無いでしょ。
仕事もあるし、痛いし、何カ月も歩けないのは論外でした。

結局、短指症を治す方法がないんだとショックを受け、そのまま考えないようにしてました。

でも、毎年夏になるとサンダルが履きたいなと思うわけです。
諦め半分でインターネットで「短指症」や「第4趾短縮症」のキーワードを入れました。






文明の利器 まさかのヒットで秒で電話


ネットで「短指症」ってキーワードを入れたら上位にエピテみやびさんのTwitterがあって、すぐにお電話しました。

あのときは心臓が止まるくらい驚きました。

だって、どのお医者様も短指症を治すのには「手術」しかないって話でしたし、
40年以上諦めていました。

インターネットが発達したお陰でエピテーゼの情報が得られて、本当に時代に感謝してます。

[word_balloon id=”2″ size=”M” position=”L” radius=”true” name=”みやび” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]

私もTwitterでつぶやいてて良かったなって思います。

一人の女性の人生を変えることができて、光栄です。

[/word_balloon]





そういう言っている間にエピテーゼの完成です。
ご覧ください。





[word_balloon id=”1″ size=”M” position=”L” radius=”true” name=”” balloon=”talk” balloon_shadow=”true”]

すっごい!
これで憧れのサンダルだって履けます。


これまで誰にも言えずにいた悩みだけど、帰ったら旦那に伝えます。

[/word_balloon]





こちらが、御礼のLINEです。



夫が指のエピテーゼを着けている姿をみて

「へぇ すっごくいいね!全くわからないよ」

と言っていました。

ありがとうございました。



もう、これこそエピテニスト冥利に尽きるお言葉です。





誰にも言えない短指症のお悩みを、エピテーゼで解決してみませんか?

ご相談のご予約はこらどうぞ。

コロナウイルス感染防止対策をしっかりとして、お待ちしております。








最後までお読みくださりありがとうございました。













始めまして。田村雅美です。みやびって呼んでね。
元歯科技工士で群馬県出身のO型。九紫火星で数秘ナンバーは8。好きなものは、もふもふの動物と日本酒。おうち大好きひきこもり。

友人の乳がんをきっかけに脱サラし、元歯科技工士のスキルを活かして起業。現在は「エピテーゼ専用サロン」と「スクール」を運営。

エピテーゼとは、事故や病気で身体の一部をなくされた方に「見た目」と「心」を回復するリアルな人工ボディで、コンプレックスをおしゃれに解消するものです。

これまでに日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞、雑誌などに取材掲載。
NHKテレビ「おはよう日本」やテレビ東京「チェンジザワールド」など多数掲載。

関連記事