ブログ

乳がん手術後にブラジャーを選ぶコツ

こんにちは。
エピテみやびのミヤビです。

乳がんの手術後のブラジャー選びって、なかなか大変なんです。

どんなのがいいかもわからないし、今までと形も違ってきます。


しまむらやサンキといった激安店舗には置いてありませんし、乳がん専用の高級下着屋さんは田舎だとみつかりません。

そこで乳がんの後のブラジャー選びにどんなことを注意しながら購入したらいいか、ご紹介します。

乳がん手術後に起こる身体の変化

まず乳がんの手術をした後にどんな変化が起こるのかみていきましょう。
一言に、乳がんの手術といってもいくつか種類があります。

乳がん手術の種類

・全摘手術
・部分切除
・温存手術
・再建手術
・放射線治療

などが挙げられます。

体の変化

・むくみ
・ひきつれ
・ただれ
・痛み

があります。

特に手術直後は、これらの症状が顕著にでるので、背中に手をまわしてブラジャーのホックを止めるのは一苦労です。

そこで、近くのお店で手に入るブラジャー選びの方法を見ていきましょう。

ワイヤーなしのブラジャー

まず選ぶときに必ず見て欲しいのが「ワイヤー」です。
ワイヤー入りのブラジャーだと、皮膚や手術の傷への刺激や強くなります。
さらに、むくみや痛みの原因につながってしまいますので、ワイヤー無しのブラジャーを選びましょう。




前開きのブラジャー

乳がんの手術をすると、背中に手をまわしにくくなります。
後ろにホックがあると使いにくいため、前開きのブラジャーを選びましょう。

こちらのブラジャーは綿100%でお肌に優しいタイプです。
傷口をそっと守ってくれるでしょう。




パッドが入れ替えられるブラジャー

乳がんの手術後は、体型の変化があります。
大きさをそろえられるように、パッドが入れ替えできるブラジャーを選びましょう。

こちらのタイプはサイズも豊富で、気分が上がるお花柄が6色選べます。


締め付けないキャミソール

手術後は体に負担をかけたくないもの。
体への締め付けがない、キャミソールタイプならゆったり着ることができます。

カップ付きのキャミソールなら、お好みのパッドを使いアレンジできるのでオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【乳がん用】美胸ブラジャー付キャミソール
価格:2530円(税込、送料別) (2020/11/11時点)


ストラップが広めのブラジャー

手術後に胸の厚みが減ってしまうと、肩のストラップがずれやすくなります。

安定させるよう、ストラップが広めのものを選びましょう。


温泉に入る時に使うブラジャー

傷が治ってきて日常生活が戻ってきたら、ゆっくり温泉に入りたくなりますよね。
日頃はブラジャーでお胸を隠すことはできますが、裸になった時はどうしましょう?

温泉でも使えるブラジャーをご紹介しますね。

温泉に着たまま入れる「湯着」

こちらの「湯着(ゆぎ)」は、着たまま温泉に入る事ができます。
気になる部分を優しくカバーしながら入れるので、家族旅行やお友達との温泉旅行にオススメです。


温泉に着けたまま入れる人工乳房「エピテーゼ」

エピテーゼとは聞きなれないコトバですよね。
こちらはまだ新しい分野で、お医者様もほとんど知らない商品なんです。

ひとりひとりの体に合わせて、特注のオーダーメイドで職人が創り上げるため、リアルなお胸となります。

体への付け方は、粘着部分になっているので貼るだけの簡単ステップ。

オーダーメイドなので、時間と料金がかかってしまいますが、再建手術を望まれない方や、温泉ライフを楽しみたい方におススメです。

サロン情報はこちら

まとめ

乳がんの手術後は身体の変化が起こります。


ブラジャー選びのコツは、
・ワイヤーなしのブラジャー
・前開のブラジャー
・パッドが入れ替えできるブラジャー
・締め付けないキャミソール
・ストラップが広めのブラジャー

これらを頭に入れてお買い物に行けば、きっとアナタにぴったりのブラジャーに出会えるはずです。

番外編として、乳がん手術後にお胸を失ってしまってもお風呂に入れるアイテム
・湯着
・エピテーゼ

をご紹介しました。



エピテーゼのサロンでは、お家で体験できるレンタルも行っているので、お試しになってみてはいかがでしょうか?




最後までお読みいただきありがとうございました。




スポンサーリンク

エピテーゼを創る体験ができるオリジナルキット写真画像

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP