エピテーゼでなりたい自分に「見せる」から「魅せるへ」

こんにちは。
エピテーゼであなたの魅力を最大限に引き出すエピテニスト、みやびです。

私はエピテーゼに取りつかれてから、早くも5~6年以上たちました。
前職は歯を作る歯科技工士という仕事をしていましたが、ひょんなことから脱サラして、今ではエピテーゼ専用サロンをやっています。

そんなエピテーゼ中毒の私が思い描く、これからのエピテーゼの未来についてお話します。

エピテーゼは芸術だ

エピテーゼは芸術です!アートです!
なぜかって?

世界にひとつのあなただけの大切なボディをお創りさせていただくのだから、そこに「狂気的な愛」がないといけません。

お創りになるあなたの事を想像し、これまでどんな生活をされていたのか。
何に不便を感じていたのか。
日頃はどんなファッションをされるのか。
どんなお仕事で誰と接するのか。

そして、どんな場面でエピテーゼを使いたいのか。
なぜエピテーゼが必要なのか。
エピテーゼにどんな希望をお持ちなのか。

そういったことを想像しながら、私にどんな未来を提供できるのか。
サポートできることはないかを考え、想像し、形にしていかなければなりません。

芸術だってそうでしょ。
見てもよくわからない絵画やオブジェだって、作家の愛や伝えたい思いが入っているからこそ、見ているひとを魅了し虜にしているのですから。

さて、私の愛が伝わったところで、エピテーゼの未来についてお話しますね。
エピテーゼはただ「指」「胸」などをつくるだけではありません。

エピテーゼというものを基盤にして、他の業種とコラボしてこそだと思っています。



エピテーゼ×メイク

エピテーゼとメイク(お化粧)ってとても似ているところがあるんです。

メイクの効果は、美しく彩ったり、華やかに装うこと以外にもコンプレックスをカバーするという役目もあります。

コンプレックスをカバーするのは、セルフイメージを高めて自信をつけることにつながります。
これは、エピテーゼにも大きく共通する部分です。

自分自身のコンプレックスをカバーすることで、新たな魅力に気づき前向きになれます。

エピテーゼ×ネイル


ネイルはメイクと違い、常に見える位置にあります。


常に見えるということは、指先がカラフルならば目から入る情報によって気分が高まるし、キラキラしていたら人目を惹き褒められることで、更に嬉しくなる相乗効果があります。


お指を切断されてしまった方や、短指症に悩まれている方は指先をコンプレックスに感じてしまう方は少なくありません。

そのコンプレックスをエピテーゼで補い、ネイルで彩ることで、豊かな人生へと変えることができます。

そのためエピテーゼとネイルは切り離せない運命にあります。

エピテ―ゼ×セラピー

エピテーゼは社会生活を送る上で、メンタルに大きな効果をもたらします。

ヒトの心というのは視覚からの影響も大きく、コンプレックスを軽減させることで自信につながり、性格を変えることができます。

これはセラピーといっても過言ではないと思っています。

手術では限界だったこと、メイクだけでは立体感がでなかったものが、エピテーゼと掛け合わさることで、これまでになかった幸せを導き出すことができます。




エピテーゼ×電脳義手

http://t-800.jp/web/laboratory/019-endoskeleton-design-change

エピテーゼは「審美」に特化しているため、義肢装具とかけ離されて考えられています。

しかし技術は日々進化していて、義肢装具が脳からの反応で動かせるようになれば、あとはエピテーゼでリアルな皮膚をつくるだけ。

あれ?これってターミネーターの世界ですね。

エピテーゼ×ファッション

https://www.vogue.co.jp/

今や義手や義足はアートの一部となりつつあります。

パラリンピックの選手たちも、素敵なデザインの装具を身に着けてますよね。

ファッション界の雑誌や、ミュージックビデオにも出演するようなモデルさんたちも大勢います。

時代は大きく変わり、隠すものから魅せるものへと進化しています。

エピテーゼ×人生

エピテーゼはなくても命に直接かかわることではないので、嗜好品に分類され、選択するのは自由です。

しかし、他人からの視線を気にしたり、話しかけられるたびにコンプレックスについて考えさせられるのであれば、それを解決して新たなスタートにつなげることで、人生が豊かになります。

想像してみてください。
指先の欠損を気にして、これまで人前に手をだせなかった自分と、指のエピテーゼをつくり、新たな趣味をみつけてたくさんの友達に囲まれ刺激のある毎日を送ることと、どちらがあなたの目指す人生ですか?

エピテーゼはあなたの人生までもを虜にしちゃいます。







エピテ―ゼ×死

ちょっとびっくりするかもしれませんね。
なぜエピテーゼと最後の時が?と。

愛する家族とのお別れの際に、きちんとお別れができるように外見を整えることがエピテーゼでできます。

もし、見えるところに異常があったならば、エピテーゼで生前の頃のお顔やお身体に近づけることで安心感と安らぎをあたえることができます。







エピテーゼ×ウェアラブル

今や時代は進み小型化がどんどん加速していっています。
スマホからウオッチ型になり、スマートフォンを取り出さなくても買い物や電車の乗り換えができます。

またメガネも進化しており、装着するだけで体の内側の情報を読み取ってくれます。


ウオッチ、メガネときたらならば、エピテーゼだって可能です。

エピテーゼの中にチップを埋め込めば誰にもバレずに情報を収集することができます。
これは、多くのひとができないエピテーゼを使った方のみの特権となるでしょう。






まとめ

こんな風にエピテーゼは、ただコンプレックスを隠すためだけのものから、魅せるものへと進化していきます。

これからエピテーゼを創りたいなと考えている方は、おしゃれも楽しめるアイテムなんだなと思っていただけたなら、とても嬉しいです。


また、これをお読みなって面白そうだな。興味深いなと思われたなら「お気に入り登録」をお願いします。

コンプレックスを前向きなオシャレアイテムとして考える、同じ世界観をお持ちの方がいらっしゃったら、一緒に活動していきましょう。


スクールの案内はこちら










Instagramで情報を発信してますので、そちらもフォローをお願いします。







最後までお読みくださりありがとうございました。















始めまして。田村雅美です。みやびって呼んでね。
元歯科技工士で群馬県出身のO型。九紫火星で数秘ナンバーは8。好きなものは、もふもふの動物と日本酒。おうち大好きひきこもり。

友人の乳がんをきっかけに脱サラし、元歯科技工士のスキルを活かして起業。現在は「エピテーゼ専用サロン」と「スクール」を運営。

エピテーゼとは、事故や病気で身体の一部をなくされた方に「見た目」と「心」を回復するリアルな人工ボディで、コンプレックスをおしゃれに解消するものです。

これまでに日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞、雑誌などに取材掲載。
NHKテレビ「おはよう日本」やテレビ東京「チェンジザワールド」など多数掲載。

関連記事