ブログ

コロナ禍で髪の毛をなくしてみた【シンプルライフを実践】

こんにちは。
エピテみやびのミヤビです。

コロナ禍もあっという間に1年です。
もうマスクやアルコールをすることが「日常」になってしまいましたね。

あなたは新しい生活様式の中で何を得られましたか?
ミヤビはシンプルに生きてみようと思い、失って気づいたものや、無くても問題ないもの。そして必要だと思ったものがあったので備忘録として記しておきます。

あくまでも私個人的の意見です。


シンプルライフを送ってみた

コロナ禍で私たちの生活は大きく変わってきた。
そこでこの1年でいらないなと思ったものやこと。そしてやっぱり必要よねって思ったものをリストアップしてみました。

要らないなと思ったもの・こと

3位:髪の毛
これまでロングヘアーからボブくらいにすることが多かったの。
でも去年の緊急事態宣言の時に美容師室も対象になった時、髪の毛のお手入れどうしようってなった。もう、いっそいらないのでは、、、と思ったので、後ほど詳しく書き示すこととする。

2位ムダな飲み会
これはコロナ禍になる前から薄々わかっていましたが、意味のない集まりは時間と労力、支出のムダだということを再認識。

1位:テレビ
情報取集として1日中つけてみた時があったんですが、不安をあおることを繰り返し繰り返し流していたため、精神的に疲れてしまいました。
見なくても情報をゲットできるツールはたくさんあるので、時間の節約とストレスの節約、さらに電気代の節約にもなるため無くても困らないなと、こちらも再認識。

必要だと思ったこと・もの

3位:自分を大切にする時間
自己免疫が下がると風邪をひきやすく、またコロナウイルスに勝てないと思いなるべくストレスをためないように、食事に気を付け、運動と睡眠を長めにとるよう意識して8時間を実践。めちゃ体調が回復。しんといのは寝不足だったからなのかもしれない。

2位:同じ志をもった仲間
同じゴールを持った仲間たちとの集まりはエネルギーの塊。
定期的にエネルギー補給をしないと、自分の立ち位置や目標をアウトプットする場所や時間、そして肌から感じる熱量って大切なんだなと再認識。

1位:快適な住居空間
住まいって大切だよね〜って、これは一番に感じたこと。
おうち時間が長くなり、外出もままならなくなった時「日当たり」はなくてはならない。お天道様万歳!

では髪の毛の話をしていく。

ウイッグを洋服と同じ感覚で楽しむ

昨年の緊急事態宣言から、髪の毛をメンテナンスすることがストレスになっていた。私は平均的な髪の毛の量の約2倍ほどあるらしい。加えて癖っ毛なのだ。

ってことで、ボウズにしちゃおう!!って思ったのだが、多くの人々に止められたためベリーショートにしてみました。

数えたことはないけれど、髪の毛にかかる時間って相当なものだと思うの。
だって、夜シャワーに入ってから乾かす時間(10〜15分)でしょ。朝のスタイリング(10分くらい)でしょ。2〜3ヶ月の美容室(2時間)でしょ。ざっと挙げただけでもこれだけよ。

行き着いたのがウイッグ

その時間をもっと有効的に使おうと思って、行き着いたのがウイッグです。
朝起きて、さっと被るだけでスタイリング要らず♫

その時の気分やスケジュールでウイッグを変えることができるので、違う自分を楽しめることで新鮮な気分になれました。

整えるのも簡単だし、ヘアアレンジも見ながらできるので楽ちん♫
毎月の15時間を圧倒的に他に回すことができました。

ウイッグは何十年も前からあったけれど、その時は薄毛を隠すためだけのアイテムでした。しかし、最近では薄毛じゃない人でもおしゃれを楽しむためのアイテムとして市民権を得て人気です。

エピテーゼも同じように、隠すためだけのアイテムじゃなくて、おしゃれを楽しむためのアイテムとして市民権を得られたらいいなって思うと同時に、そうなるように一生懸命頑張っています。

初めて読まれる方はエピテーゼっていうものを知ってほしい。そして困っている方のもとに情報が届きますように。引き続き応援をお願いします。

関連記事

  1. ハジチについて書いたブログを表す写真画像

アーカイブ

PAGE TOP