お家に居ながら昆虫採集 入院中の子供用に

ブログ、がんばって書いてます!

もっと楽しい方法ないかな~って思い立ち、ワードプレスをいじりはじめたら、

わけがわからなくなってドツボにはまって抜け出せなくなっています(汗)

 

 

 

 

 

外見ケアでのつながり

さて、stay homeが叫ばれている今日この頃。

お家にも帰れない、大好きなママにもパパにも会えない子供たちがいることを知りました。

お話を伺ったたのはチャーミングケアモール」代表取締役 石嶋瑞穂さんです。

           ■zoomでの会話

彼女との出会いは2年前の東京都がやっている育成型プログラムの《APT Women》でした。

APT women(アプト ウィメン)とは、スケールアップを目指す女性ベンチャーに対して短期集中型育成プログラムを提供し、ロールモデルとなる女性ベンチャーを創出することで、現代の女性に起業という新しい生き方の選択肢を示すことを目的としている、お勉強会みたいなもんです。

そこの同期で、私と同じようにソーシャル的な活動(社会起業家)をしており、仲良くなりました。

彼女は、自身のお子様が小児がんで、その経験から起業されチャーミングケアという事業をスタートさせました。

チャーミングケア

活動内容はこちら。

●どんな子どもでも子供らしく・可愛らしく過ごすことができるように、小児分野の外見ケアやメンタルケア、そして保護者のためのケアにも注目し、情報を収集・発信します。

●病気や障害のある子どもたちの外見ケアやメンタルケアに着目し、保護者も一緒になって行っている家族看護や様々な課題について考えます。
定期的なWEB座談会の開催→活動報告→情報発信

●座談会や活動報告で集まった情報を収集し、ケーススタディとして積み重ね、看護学会や研究会などに発表します。
家族看護の形を考え、家族も一緒に行っていく治療だけではない小児分野のトータルケアの形を顕在化し、ガイドラインの制作へと繋げます。

私も石嶋さんとお話するまで、こういった子供のことや、その家族のことを考えたこともありませんでした。

入院中の子供だけがヒーロー

外見ケア繋がりで、石嶋さんに取材していただき、その時のアイデアから生まれたものがあります。

取材音声内容はこちら

入院中の子供だけがヒーローになれるアイテムを創る。

これって、今までと逆の発想。

これまでは「みんなと同じに」「ふつうに」なるようにしてきたけれど、

今度は入院している子供だけが持てるものとして、限定しちゃったらいいよね。

なんていう会話をしました。

私は残念ながら身の回りに、長期入院している子供もいないし、その家族もいないので、あれこれ聞いてみました。

そうすると、

・点滴の管

・胃ろうのチューブ

・動きが制限される など

こういったことが見えました。







わたしにできること

その中で、私には何ができるのかなって考えました。

本業のエピテーゼではちょっと違うので、エピテの技術を活かせてお役立ちできることって何だろう、とね。

子供たちは「チューブ」と共に過ごすことが多いってところに目をつけ、チューブがデコれたらヒーローになれるよね~。

点滴などは上からつるすから、上に登るような動物があったら、ちびっこは喜ぶんじゃなかろうか。




ってんで、さっそく作りました!!

見てください!

なお、創っている動画はこちらから。

 

エピテと同じプラチナシリコン素材なので、安全性がとても高いです。

万が一転んでしまっても柔らかいので、傷つけることもありません。

忙しいママがうっかり洗濯してしまっても、へこたれません。

 

私がここでできることは、エピテの技術を活かして、面白グッズを創る事かなって思います。

 

 

 

 

 

病気や障害のある子どもや家族に贈れるショッピングサイト

昨今のコロナ渦の影響で、お見舞いに行き、会うことができません。

でも、何かしたい!

何か勇気づけられる、寂しくないものをプレゼントしたい!

デパートに行くのは密になるから怖い!

そんなあなたは、専用サイトがあります。

私がつくったクワガタ君もいます。


医療的ケアが必要な子供と、その家族に向けた専用のショッピングサイトです。

通常の店頭にはおいてない商品がずらりとあります。

覗いてみるだけでも、面白いですよ。

【チャーミングケアモール】サイトはこちらから。

どうやって創ってるの?と作り方が気になった方は動画をアップしているので覗いてみてください。

 

ちょっとCMぽくなりましたが、最後までお読みくださりありがとうございました。

 

ステイホームだけど、その裏では入院中の子供に合えないママとその家族がいること。治療中で心身共に辛い子供が、コロナで面会制限のため、病院でひとり戦っていること。そんなことを知ってもらえたらいいなと思います。

 

 

では、今日も貴方らしい素敵な一日となりますように。

 

ありがとう

 

 

 

【エピテみやび ~1日2名様限定サロン~】
ホームページ:https://www.epitemiyabi.jp/
電話:050-5866-9795(施術中は留守電にメッセージをいれてください)
メール:epitemiyabi@gmail.com
時間:10時~17時 木日定休 
場所:東京駅から15分 山手線添いの好立地



あのNHKやテレビ東京でも紹介された「エピテーゼ」と呼ばれる人工ボディ専用サロン【エピテみやび】が配信してます。
一言でいうと、エピテーゼは特殊メイクの”医療版”です。
主に事故で指を欠損された方、乳がんでお胸をなくされた方、性同一性障害(FtM)の方にサービスをご提供しています。

1日2名までの限定予約制で、全て女性が対応し、サロン内でオーダーメイドで製作します。色、形、柔らかさなどヒアリングします。

エピテーゼはお医者様も知らない新しい分野のため、社会に周知させる為にイベントや楽しめる動画配信を行っています。
詳しはホームページをご覧ください。

●女性限定スクール開校中●
●指エピテキット販売中●
●2021年8月に銀座で個展開催予定●



 

始めまして。田村雅美です。みやびって呼んでね。
元歯科技工士で群馬県出身のO型。九紫火星で数秘ナンバーは8。好きなものは、もふもふの動物と日本酒。おうち大好きひきこもり。

友人の乳がんをきっかけに脱サラし、元歯科技工士のスキルを活かして起業。現在は「エピテーゼ専用サロン」と「スクール」を運営。

エピテーゼとは、事故や病気で身体の一部をなくされた方に「見た目」と「心」を回復するリアルな人工ボディで、コンプレックスをおしゃれに解消するものです。

これまでに日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞、雑誌などに取材掲載。
NHKテレビ「おはよう日本」やテレビ東京「チェンジザワールド」など多数掲載。

関連記事