痛くないマスクの紐@小耳症

こんにちは。

外見のお悩みならエピテみやびにお任せあれ。

事故や病気、生まれつきにより身体の一部をなくされた方に手術をしないで外見と心を癒すアピアランスケア屋さんです。

 

さて、マスクマスクとにぎわっていますが、そもそもマスクが出来ない方もいます。

それは 小耳症(しょうじしょう)といって生まれつき耳が小さい方です。

 

具体的には約6,000から10,000人に1人の確率で生まれる先天性奇形である。

確率的には、女児よりも男児の方が高く(男児:女児=2:1)、左の耳よりも右の耳の方に症状が出る確率が高い。また両方の耳が小耳症である場合もある。(右耳:左耳:両耳=5:2:2)

出典元 By Wikipedia

 

 

そんな小耳症の方はどうやって、マスクの紐をかけたらいいのでしょう??

そこで、耳に引っ掛けずに頭の後ろで止める方法を3つご紹介します。

 

1、ゴムを伸ばす

ちぎれないギリギリの力で伸ばしてください。

コツはマスクの根元を押さえて、ゴムだけを伸ばすことです。

 

 

 

 

2、輪ゴムを使う

輪ゴムやクリップを使い、後頭部へゴム紐を巻く感じです。

警視庁殿が言っているから間違いない!!

 

警視庁のTwitterから

長時間マスクをする方にもぴったりですね。

 

 

3、小物を使う

輪ゴムなんかダサい。

オシャレしなきゃ意味がないって方には、こんな小物も販売しています。

原理は輪ゴムとクリップと同じです。

楽天ショッピング

 

 

 

いかがですか?

ご自分やご家族、お友達にも教えてね。

 

 

耳、そのものを相談したい、作りたいって方はこちらからお問い合わせください。

 

 

始めまして。田村雅美です。みやびって呼んでね。
元歯科技工士で群馬県出身のO型。九紫火星で数秘ナンバーは8。好きなものは、もふもふの動物と日本酒。おうち大好きひきこもり。

友人の乳がんをきっかけに脱サラし、元歯科技工士のスキルを活かして起業。現在は「エピテーゼ専用サロン」と「スクール」を運営。

エピテーゼとは、事故や病気で身体の一部をなくされた方に「見た目」と「心」を回復するリアルな人工ボディで、コンプレックスをおしゃれに解消するものです。

これまでに日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞、雑誌などに取材掲載。
NHKテレビ「おはよう日本」やテレビ東京「チェンジザワールド」など多数掲載。

関連記事