【夏本番】金属アクセサリーでかゆい?

こんにちは。
エピテーゼであなたの未来をサポートするみやびです。

夏真っ盛り。何をしても汗ばむ季節です。
露出も多くなる季節だから、かわいいアクセサリーを着けたい。

でも、数時間たつと痒くなってくる。そんな経験ありませんか?

今回は「金属アレルギー」についてお話します。




こんな方へ


・夏になるとアクセサリーがかゆい

・痒くならないアクセサリーを探してる


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







アレルギー?夏になると痒くなる現象とは

アレルギー体質じゃないから、金属アレルギーなんて関係ないって思ってませんか?

ふと思い返してみてください。

やはり、金属に触ってないやと思ってもあなどれません。
パッと見て金属とは思えないものも多く、知らない間に金属に触れてアレルギーを起こしている場合もあります。






夏だけかゆいのもアレルギー?

夏は汗をかきますよね?
汗をかくことによって、金属から出た微量の金属イオンが溶け出して、皮膚に染み込みかゆみを起こします。

ピアスをしている部分だけかゆい、時計をはめている部分だけ赤いといった、金属と触れている場所だけに症状がでるのが「アレルギー性接触皮膚炎」といいます。





どんな金属がアレルギー?

ニッケル
・クロム
・パラジウム
・コバルト

が挙げられます。

特に「ニッケル」はピアスなどのアクセサリーに使用されることが多く、ヨーロッパでは使用が制限されているところもあります。


アクセサリーを身に着けるものは違えど、
・女性→ピアスなどに含まれるニッケルでアレルギー

・男性→革製品に含まれるクロムでアレルギー

となる傾向があります。


知らず知らずにアレルギーが起きていたなんて怖いですよね。

 

 

 

金属アレルギーの2つの要素


1、歯の治療

日本の歯の治療は保険制度があるので、負担が少なく治療してもらえるので助かりますよね。
しかし、虫歯になった後に詰めてもらう金属にアレルギー原因が含まれているのを知っていましたか?

歯の詰め物に使われる金属は、
・金
・銀
・パラジウム を使った合金なんです。

詰め物以外にも「入れ歯」や「矯正装置」に使われる金属にも、アレルギー要素となる物質が入ってます。





2、ダイエット

え?ダイエットでアレルギー?と不思議に思われる方もいらっしゃると思います。
さきほどピアスや時計などが接する部分がかゆくなって、金属アレルギーをおこすことをアレルギー性接触皮膚炎」といいました。

しかし、もうひとつ「全身性の金属かぶれ」というのがあります。

これは恐ろしいことに、食品が原因となるアレルギーで、食品に含まれる金属が体内に吸収されておこるものです。

チョコレート、ココア、雑穀、貝などにはニッケル・コバルト・クロムなどが含まれているので、気になる方は控えて様子を見てみましょう。





とはいえ、オシャレしたい時の解決法

1、アレルギーフリーのアクセサリーに変える

・チタン
・ジルコニウム
・純金(K24)
・プラチナ

これらはアレルギーがおこりにくいと言われています。
しかし、純度が高かったり加工がしずらい特性があるので、価格はお高めになる場合があります。





2、コーティング剤を塗る

お気に入りのアクセサリーが痒くなったからって、突然捨てられないですよね。

そんな時は、金属が接する部分に樹脂を塗りコーティングすることでアレルギーを抑えてくれるアイテムがあります。

価格もお手頃ですし、お気に入りのアクセサリーを長く使えるのでお勧めです。









まとめ

身近にひそむアレルギー。
お気に入りだったアクセサリーと汗が反応してかゆみがおきていたなんて、びっくりですよね。

正しい対処法がわかれば、おしゃれも安心して楽しめますよね。


アレルギーに不安がある方でも安心して使える「エピテーゼ」はこちらです。

最高級のプラチナムシリコンで、世界でもトップレベルの高品質なものを贅沢に使用し、あなたの美しさを最大限に引き出します。

指先のお悩みをエピテーゼで解決してみませんか?
これまでお越しになったお客様の声をまとめてあります。




では、今回も最後までお読みくださりありがとうございました。



興味深いなと思われたら、ぜひフォローや体験会にお越しになってくださいね。

始めまして。田村雅美です。みやびって呼んでね。
元歯科技工士で群馬県出身のO型。九紫火星で数秘ナンバーは8。好きなものは、もふもふの動物と日本酒。おうち大好きひきこもり。

友人の乳がんをきっかけに脱サラし、元歯科技工士のスキルを活かして起業。現在は「エピテーゼ専用サロン」と「スクール」を運営。

エピテーゼとは、事故や病気で身体の一部をなくされた方に「見た目」と「心」を回復するリアルな人工ボディで、コンプレックスをおしゃれに解消するものです。

これまでに日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞、雑誌などに取材掲載。
NHKテレビ「おはよう日本」やテレビ東京「チェンジザワールド」など多数掲載。

関連記事