【エピテニストに必要なのは想像力】ゴミにするか?喜ばれるものをつくるか?【視点を変えてみよう】

こんにちは。
エピテーゼ専門サロン「エピテみやび」のオーナー田村雅美です。
名前の一文字をとって「みやび」って呼んでください。

さてさて、エピテニストに必要不可欠なものは”想像力”です。

なくされたお指やお胸など、お客様の大切なお体の一部をお創りさせていただく場合、”ない”ところからお創りしなくてはなりません。

ジグソーパズルのように、このピースは何が入るのかな?
そのようにイメージを膨らませ、なおかつご相談いただいたお話を聞き、それをかたちにしていきます。

と、まぁ、結論から行ってしまえば”想像力”が大切ってことよ。

今回はそんな想像力のひとつとして、スクールの中で使えるものを例えてみました。

スクールでは「石膏」をよく使います。
慣れるまで、ひたすら練習します。

練習の中で、ある形がつくれたら、残りは廃棄処分になります。

しかし、ただ捨ててしまうのはもったいない。

プロになれば、残さない分量を想像して使うことができますが、スクールの生徒さんたちは、まだそこまでいきません。

では、残ってしまった材料はどうしましょ?

捨ててしまうのはもったいない。

そこで、100円ショップにあるシリコン型を使って、その中に残った石膏を入れて固めれば、あらかわゆい❤

シリコン型から外したところ

石膏に色を塗ったところ

立派な「アロマストーン」に大変身しました。

視点を変えれば、捨ててしまうものが、プレゼントに喜ばれるものとなりました♪

販売したら「副業」になりますし、アイデアや視点、想像力でなんにでも返信できちゃいます。

これからなにか自分でお仕事を始めてみたいなって思われたら、自分ができる中でアイデアをだしてみてね。

行動した人だけの特権!
私が今のエピテーゼをお仕事としてスタートできたのはこちらの200万円をもらえたからです。

A4の紙に、自分のアイデアを書き書きするだけで夢が叶っちゃうかもしれません。

宝くじと一緒。
応募しないと始まりません。

まずは読んで見ることから始めましょ
     ↓↓↓

https://www.kigyopro.or.jp/

関連記事