ピカピカ!腕となる道具のお手入れして今年を締めくくります

こんにちは。

エピテーゼ専門サロンオーナーのみやびです。

今年も1年お世話になりした。

ということで、オペ着を着てサロンの大掃除をしました。

このオペ着、不織布でできている(使い捨て)ので暖かく、埃や汚れが洋服に付くのを防いでくれる優れもの。

コロナ禍で買ってみたはいいけれど、使い道がなかったので役立てます。

お掃除も可愛くピンクでまとめてみました。

雨や埃で汚れに汚れていた窓をお掃除。

サロンの窓は角が丸くてかわいいのだ。
私のお気に入り。

神棚も磨き上げ、神様をお迎えする準備も万端!

次に材料だ。

アルジネートがすっぽり入る使いやすそうな容器をゲット。

ダイソーで300円でした。いい感じ。

最後はツール。
私の腕となる大切な道具たち。

金属のインスツルメントはピカピカに磨き、来年のお客様をお迎えします。

筆は毛先が広がっているコたちをチョイスし、2軍行きを宣告。
新しく1軍に入ってきた新品の筆を補充します。

道具は職人の鑑。
優秀な職人は道具を見ればわかります。

自分の腕となる道具すら大切にできない人に、お客様の大切なボディとなるエピテーゼがキレイにできるはずがありません。

道具の手入れが終わったら、作業テーブルの日頃の汚れを落とし磨き上げます。

最後に材料の補充棚を整頓します。

ご相談テーブルは、新しくカバーを変えてピカピカ。

タオルや膝掛けをお洗濯して、フワフワに仕上げます。

棚の後ろやサッシのゴミを掃除機で吸い取り、床は雑巾で磨きます。

玄関も磨き上げ、サロン中ピカピカになりました。

最後に玄関ドアにお正月飾りを掛けて大掃除の終わりです。

今年も1年大変おせわになりました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。

皆さまにとって、素敵な年となりますように。
良いお年をお迎えください。

関連記事