ブログ

【ピンクリボン月間】ベッドの中でできるセルフチェック【乳がんチェック】

こんにちは。
エピテみやびのミヤビです。

乳がんは早期発見がもっとも大切といわれています。
シャワーのついでや、マッサージに取り入れて定期的なセルフチェックを
してみましょう。



今回は、ベッドの中で簡単にできるセルフチェックをお伝えします。

そもそも乳がんのセルフチェックをいつするのかご存知ですか?
月に1回、生理の後にするだけなんです。

生理後4~5日が最適

乳がんのセルフチェックは月に1回でOK。
生理後の4~5日が最適です。
閉経後の方は毎月、好きな日にちを決めてチェックしてくださいね。

では、ズボラさんでも簡単にできるベッドの中でできる乳がんセルフチェックをお伝えします。


ベッドの中でセルフチェック

内側から外へマッサージ

ステップ1
まず、仰向けになります。
あまり高くない枕やタオルを背中の下に置きます。


ステップ2
左手を上にし、頭の下に置きます。
右手をそろえ、左胸の内側を触ります。

そっと外側に押しながら、滑らせるように触っていきます。

この時しこりがないかチェックしてくださいね。

ステップ3
腕を逆にして、右側の乳房もチェックします。

外側から内へマッサージ

ステップ1
先ほどと同じ姿勢で、仰向けになったまま行います。
今度は左胸を外側から内側に向かって、優しく押しながら指を滑らせていきます。

ステップ2
右の乳房も同じようにしていきます。

ステップ3
起き上がり、右手の指をそろえて左の脇の下にいれます。
しこりがないかチェックし、右側の脇の下も調べます。

ステップ4
左右の乳首を軽くつまみます。
絞るようにして、分泌物が出ないか。
血が混じっていないか、チェックします。



ここで、すこしでもおかしいなと気づいたらすぐに病院で検査してくださいね。




では、今度はお風呂に入る前にもチェックする方法をご紹介します。



お風呂の前にセルフチェック

ステップ1、
鏡の前に立ち、リラックスして両腕の力を抜きます。

ステップ2、
・左右の乳房のカタチ、大きさに変わったところがないか見ます。
・乳首に凹みがないか。ただれがないか。
・ひきつれがないか、チェックします。

ステップ3、
両腕を上げます。
ステップ2と同じところをチェックします。



まとめ

ベッドの中で乳がんのセルフチェックする方法は、仰向けになり優しく押しながら内側から外へ。外側から外へ滑らせてしこりがないかチェックしましょう。

また、お風呂に入る前にできるセルフチェックは鏡を見ながらできるので以上に気づきやすいです。
鏡を見て、左右の大きさやひきつれがないかチェックし、乳首を絞って血液が混じる分泌物が出ないか調べます。

これから寒くなる時期なので、お部屋を暖めててからどうぞ。

ミヤビのおススメは、ボディクリームを塗りながら他のマッサージと一緒にセルフチェックをすることです。
お気に入りの香りのクリームで癒されながら、自分をいたわってあげてね。

もし、お胸をなくされて再建手術を望まないとお考えの方や、ご事情によりできない方は「エピテーゼ」といわれる人工ボディも検討してみてください。
着けたまま温泉にも入れるアイテムです。

ご相談・試着のお問合せはこちら



今回も最後までお読みくださりありがとうございました。





スポンサーリンク

エピテーゼを創る体験ができるオリジナルキット写真画像

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP