爪が黒い!?突然草履が履けなくなった怖い話【まさかの悪性ガンかも!!】

こんにちは、みやびです。
今回は、実際にエピテをお創りしたお客様からの『お声』をご紹介します。

なくされた場所: 左足の親指

原因: 病気(悪性黒色種)

性別: 女性

ご年齢: 82歳

お住まい: 群馬県

困りこと: 草履が履けない事

ご希望: 草履を履きたい

エピテを知った経緯: メディア(日本経済新聞・縄文新聞・NHKテレビ)

 











お創りしたときのお気持ち

私は健康に関して根拠もなしに、過信しているところがありました。

例えば、趣味の山登りでは事故を起こさない。運転をしないので交通事故の加害者にもならない。血縁者にガンになった人もいないから、自分もならないなどと思い込んでいたのです。

 

ところが、今から十数年前に悪性黒色種になり、左足の親指を失いました。

その時の考えは、指なんか、足だけで10本もあるんだから、紛争地きいで地雷を踏んで片足を失った人と比べれば、なんてことないと軽く考えていました。

しかし手術が終わり、歩けるようになった時、親指はふんばるときに重要な役目を果たしていたことに気が付きました。リハビリの時は気が付かなかったことで、手術後5カ月たった退院した後に気づくものですね。

私はプライベートで着物を着ます。着物を着ると、履物はスニーカーではありません。

草履、下駄を履きます。そうすると、親指がないことで、指が鼻緒に引っかかりません。

そうなると歩く事ができないので、外出もできません。

足袋の中に手つくりの指を作って入れてみたりしましたが、歩きにくく違和感しかありません。後ろ姿が妙に傾いていて、他者から見ても変な姿なんです。

手術した病院で相談したところ、人工的に指をつけることはできるものの、違和感と痛みが出るため、おすすめはしません(やめたほうがいい)と言われました。

しばらく、手作りの指を作って何度も改良を重ねましたが、素人なため当然ながら、合わなくて不便をしてました。

 

そんなある日、新聞やテレビで「みやびさん」のことを知り、半信半疑ながらお世話になることにしました。

お話をしながら指を作っていく工程をみて、その見事さに驚きました。機械のようなもので作るのかと思っていたら、手作りで更に驚きました。

今後はこの作っていただいた指を着けて見てのお楽しみで期待しているところです。

 












*ショッキングな画像のため加工しています。






今回も最後までお読みくださりありがとうございました。
お困りになっている、あなたに届いたなら嬉しく思います。

【エピテみやび ~1日2名様予約限定サロン~】

ホームページ:https://www.epitemiyabi.jp/

電話:050-5866-9795(施術中は留守電にメッセージをいれてください)

メール:epitemiyabi@gmail.com

時間:10時~17時 木日定休 予約制

場所:東京駅から山手線で15分 上野駅から 山手線5分 鶯谷駅から徒歩2分



あのNHKやテレビ東京でも紹介された「エピテーゼ」と呼ばれる人工ボディ専用サロン【エピテみやび】が配信してます。
一言でいうと、エピテーゼは特殊メイクの”医療版”です。
主に事故で指を欠損された方、乳がんでお胸をなくされた方、性同一性障害(FtM)の方にサービスをご提供しています。
1日2名までの限定予約制で、全て女性が対応し、サロン内でオーダーメイドで製作します。色、形、柔らかさなどヒアリングします。

エピテーゼはお医者様も知らない新しい分野のため、社会に周知させる為にイベントや楽しめる動画配信を行っています。
詳しはホームページをご覧ください。

女性限定スクール開校中 詳細はこちら
指エピテキット販売中 購入はこちら
●2021年8月に銀座で個展開催予定●
●毎月の体験教室 情報はこちら●
動画配信はこちら●

 

始めまして。田村雅美です。みやびって呼んでね。
元歯科技工士で群馬県出身のO型。九紫火星で数秘ナンバーは8。好きなものは、もふもふの動物と日本酒。おうち大好きひきこもり。

友人の乳がんをきっかけに脱サラし、元歯科技工士のスキルを活かして起業。現在は「エピテーゼ専用サロン」と「スクール」を運営。

エピテーゼとは、事故や病気で身体の一部をなくされた方に「見た目」と「心」を回復するリアルな人工ボディで、コンプレックスをおしゃれに解消するものです。

これまでに日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞、雑誌などに取材掲載。
NHKテレビ「おはよう日本」やテレビ東京「チェンジザワールド」など多数掲載。

関連記事