【エピテーゼ展のその後】美術専門学校の生徒さんがインタビューに来てくれたよ【課題制作を協力】

こんにちは。エピテーゼ専門サロンのオーナー田村雅美です。みやびって呼んでね。

ちょっと前にエピテーゼ展を開催したんだけど、個展を見て刺激を受けたらしく、美術専門学校の生徒さんが課題制作のための雑誌を作るため、連絡をくださりました。

その課題は「義手・義足」について。

エピテーゼは「審美」になるので、義手義足とは違うんだけど、小さなパーツにもスポットを当てて課題制作の雑誌を作りたいとのことでした。

エピテーゼの活動を始めたきっかけや、エピテーゼ展での感想をお話しました。

この学生さんも人体が好きで、将来はこんな活動ができたらいいね~なんてお話で盛り上がりました。

年内には冊子になるそうなので、楽しみです。

関連記事