2月4日は世界ガンデー

 

こんにちは。指とおっぱいと笑顔をつくるエピテみやびです。

 

今日、2月4日は

世界ガンデー(World Cancer Day)です。

世界がんデーWorld Cancer Dayは、国際対がん連合 (UICC) が主唱し、毎年2月4日を記念日として世界各国でがんに関する啓発行事が行われます。

 

お仕事をしながらガンと戦う人も増えてきました。

ガンは2人に1人がなると言われる時代。

自分らしくガンについて考えてみるのもいい機会ですね。

 

 

皮膚がん

こちらは足の指にガンができて、やむを得ず足の親指をなくされた女性の方です。

体はとてもお元気ですし、歩くのにもなれれば支障なく過ごせます。

しかし、足の親指がないと少々不便な時があり困っていると相談を受けました。

 

草履を履く

ご相談に来られたTさんは、70代の女性。

普段からお着物を召されています。

Tさんの不便なところは、

 

草履がはけない。

 

草履は足の親指との間に挟んで履くもの。

親指をなくされたので、どうしても不便で困っていました。

草履をはくための草履も、親指がないとフィットしません。

あれこれご相談をうけて、最終的にご満足していただけました。

 

まとめ

何気ない日常から、ある日困りごとは突然やってきます。

私にも、そしてあなたにも。

今日は世界ガンデーです。

今一度、自分自信のことや家族のこと、そして大切な友人のことを想い話し合ってみるのもいい機会でしょう。

そしてエピテーゼといわれる、Tさんのように足の指の見た目を回復するものがあるということも知って欲しいです。

 

エピテーゼのご相談はこちらから↓↓↓

お問合せ先

エピテみやび株式会社

050-5866-9795

10時~17時半。木曜定休。完全予約制。

プライバシーを配慮していますので必ずお電話でお問合せの上、ご来店ください。

全て女性が対応します。

自宅サロンをイメージしたアットホームな雰囲気なのでご安心してお問合せください。

050-5866-9795

epitemiyabi@gmail.com

 

 

 

今日もお読みくださりありがとうございました(^^)

 

 

始めまして。田村雅美です。みやびって呼んでね。
元歯科技工士で群馬県出身のO型。九紫火星で数秘ナンバーは8。好きなものは、もふもふの動物と日本酒。おうち大好きひきこもり。

友人の乳がんをきっかけに脱サラし、元歯科技工士のスキルを活かして起業。現在は「エピテーゼ専用サロン」と「スクール」を運営。

エピテーゼとは、事故や病気で身体の一部をなくされた方に「見た目」と「心」を回復するリアルな人工ボディで、コンプレックスをおしゃれに解消するものです。

これまでに日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞、雑誌などに取材掲載。
NHKテレビ「おはよう日本」やテレビ東京「チェンジザワールド」など多数掲載。

関連記事