ブログ

座談会の様子 後半

指とおっぱいと笑顔をつくるエピテみやびです。

さて、座談会の様子 後半です。

 

仕組みづくりのスタート

座談会を始めるにあたり正直不安なところもありました。

アピアランスについて、それぞれみんな悩まれるところも違うし、デリケートな部分もあるし、、、、。

しかし!エピテみやびにお越しになってくださるお客様のほとんどが、

 

病院では何の説明もなかった。

乳がんの会は重たくて、気分が滅入る。

指の悩みは集まりすら聞いたことがない。

こんな悩みは自分だけかも!とても不安。

 

こんな言葉を言います。

ならば、とりあえず開催してみよう!!

そして、明るく悩みが相談できて前向きになれる”仕組み”を作ろうとスタートしました。

 

前半は、もぐもぐタイムで美味しいランチをタラフク食べ、

お腹いっぱいになったところで当事者同士の情報交換スタート。

 

座談会っぽく

座談会には乳がんの方が2名ご参加してくださりました。

手術時期も近いお二人で、あれこれお話されました^^

いつなったんですか?

手術後の痛みは?

薬は?

どのタイミングで発見できたの?

市の検診?自分で??

ええー!そうなんですか。

私は〇〇で!

下着は?

あら~、それは奇跡でしたね☆

 

なんてアレコレ情報交換が進んでおりました。

私は隣でうんうん、そうねのね。って聞きながら、やってよかったな~って思いました。

病院じゃ離せない事もあるし、本格的なお悩み相談までじゃないし、

ちょっと楽しくおしゃべりしたいなっていう要望がマッチングして心が軽くなったと思います。

女性同士の集まりの「ランチde座談会」はあっという間に時間が流れました。

もう、食べるか喋るかの2択ですからね。

約3時間ほどしゃべり倒して終了のお時間です。

 

第一回目のお声

この座談会を次回につなげるため、アンケートを取らせていただきました。

 

参加者のお住まいは高崎が4名。館林から1名でした。

メンバーは、主催者のエピテみやび(サポート)。

みやびのお客様2名(当事者)。

そのご友人と、友人の友人(サポート)の合計5名でした。

 

まだお子様が小さい参加者もいらっしゃったので、今後はお子様と参加できるような場所でも開催していきます。

おススメの場所があったら教えてください(*’ω’*)

 

エピテみやびでは毎月8日に座談会を開催しています。

 

参加資格は、

・アピアランスにお悩みの方。(手・指・胸・耳・火傷・傷・爪・頭髪など)

・エピテーゼをお考えの方。

・サポートしたい方。

・お悩みのご友人や家族。

・前向きな人生を歩みたいとお考えの方。

・医療・教育・福祉関係者

 

*暴力団関係、ネットワーク、宗教関係の方はお断りします。

 

次回の座談会は

日にち:2月8日 

時間:11時30分~14時半ごろ

場所:CM2カフェ http://www.moteco.net/AIDKY-1/IDKY-6757/

住所:群馬県高崎市矢中町315-6

 

主催者:エピテみやび

担当: 田村

お問合せ:050-5866-9795

     epitemiyabi@gmail.com

 

 

エピテみやびはどんな会社?

エピテーゼという人工ボディをおつくりし、見た目と心を回復する会社です。

詳しくはこちらご覧ください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

エピテーゼを創る体験ができるオリジナルキット写真画像

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP